fc2ブログ
line-s
08.24
お盆を過ぎても、毎日いい天気で口に出すのも飽きたのですが本当に熱い日が続いて、まさに残暑厳しい夏になっていますが、これだけ気温が高く、雨が少ないと当然この気象条件に合わせたぶどうの管理が必要で、ハウスは当然ながら、雨よけや露地もしっかりとかん水してあげないと、肉質が柔らかくなったり脱粒などいろいろと問題が起こってきます
 対策として、春友ぶどう園ではすべての畑に水をかけられるように配管してあります、毎日たっぷりかん水してあげているので、ぶどうの木も元気いっぱいです。
 それに、かん水している畑の上を通り過ぎる風は涼しい空気を運んできてくれます・・・
L03B0133.jpg
この暑さなので露地にも毎日たっぷりかん水


この暑さも与えられた自然の条件なので、しっかりと対応できるかが大事なところです、努力はウソをつかない、それ以上にぶどうは絶対にウソはつきませんから
トラックバックURL
http://harutomobudouen.blog.fc2.com/tb.php/90-e0ac0c72
トラックバック
line
プロフィール

春友ぶどう園

Author:春友ぶどう園


ぶどうのこと。

春友ぶどう園から生まれた

新しい品種のこと。

元気な土のこと。

熱い情熱をもって

仕事をしていること。

周りの自然豊かな

里山のこと。

ぶどう園の何気ない

日々のことを紹介します。




ぶどう園紹介

頑固一徹こだわり抜いた栽培にて、二度の農林大臣賞を受賞し、巨峰や欧州系高級品種、さらに春友ぶどう園オリジナル新品種など数多くのぶどうを栽培しています。





春友ぶどう園ホームページは
こちら





茨城県常陸太田市春友町608-2

春友ぶどう園

℡・Fax0294-78-0809



春友ぶどう園への地図は
こちら





最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
back-to-top