fc2ブログ
line-s
02.08
このところ雪の話題ばかり書いているのでもういいかと思っていたのですが・・・
 流石にこの量は書かないでいられないので
元々我が家のあたりは東京や水戸が雪でも降らないなんてこともざらな地域でそれこそ2,3センチ積もっただけでいまだにウキウキするほど貴重なもので雪はいまだに嬉しいものだったのですが
ただ、今回ばかりはやな予感がしていました
 前々から週間天気図でなんとも嫌なコースと気圧配置警戒しておりました。
予想通りいや、想定より悪い感じで接近してきた低気圧で朝からずっと雪が舞っています、それでも午前中は雪玉をつくるのが困難な程のサラサラの軽い雪で一安心ではあったのですが、大事をとって加温のハウスは閉め切って中の温度を上げて雪を積もるより早く溶かす方法をとりました、燃料費の事はとりあえず頭の中から消去してひたすら温度を上げることに努め、閉めることの出来ないハウスは屋根にあがってひたすら除雪( `ー´)ノ

日中、二度ほどハウスの屋根に上がって除雪
20140209_173720.jpg

除雪の間で休みの子供たちともしっかりあそびました
20140209_173814.jpg
この頃はまだまだ、降りも弱くやみ間あり積雪3センチほど雪玉を転がせばすぐに地面が見えるてなんとも見栄えの悪い雪だるましか作れなかったのですが・・・
 
 予報では夕方から風が強まり、徐々に雪から雨にとのことだったのですが
午後からはなんとなくその予報に疑問が湧いてきて、3時過ぎには雲の様子や自宅の気象観測機のデータから雨にはならないと確信して、ひたすら追加の対策をしてきました。

 夕食を食べ、ネットで最新の気象情報を確認して、これから徹夜で見回りと状況を見て深夜の雪おろしになりそうです。
トラックバックURL
http://harutomobudouen.blog.fc2.com/tb.php/235-36791981
トラックバック
line
プロフィール

春友ぶどう園

Author:春友ぶどう園


ぶどうのこと。

春友ぶどう園から生まれた

新しい品種のこと。

元気な土のこと。

熱い情熱をもって

仕事をしていること。

周りの自然豊かな

里山のこと。

ぶどう園の何気ない

日々のことを紹介します。




ぶどう園紹介

頑固一徹こだわり抜いた栽培にて、二度の農林大臣賞を受賞し、巨峰や欧州系高級品種、さらに春友ぶどう園オリジナル新品種など数多くのぶどうを栽培しています。





春友ぶどう園ホームページは
こちら





茨城県常陸太田市春友町608-2

春友ぶどう園

℡・Fax0294-78-0809



春友ぶどう園への地図は
こちら





最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
back-to-top