fc2ブログ
line-s
06.26
昨日の晩は知り合いの農家さんが講師の方を呼んでの微生物を含めた土壌環境を科学的なアプローチから測定と測定値に基づく現地の実践例についての勉強会に行ってきました。
 勉強会に続いて参加者と講師のディスカッション、なかなか熱をおびた勉強会だったので時間はおしまくって、自宅についたのは23時過ぎでした(・_・;)
 
 適粒も全て終了したので、畑の周りの草刈や田んぼや野菜の管理のなど適粒に全力を傾けていた間についつい後回しになっていたことをしっかり頑張った結果・・・・・
 草刈は朝の涼しいうちにと4時スタート~お昼からは方付けを・・・今日はここまでと思っていたところまで頑張っていたら、19時をだいぶまわってしまいました、なんだか、今日は3日ぶんくらいの仕事をしたみたい(@_@;)・・・・
そうはいっても3日ぶんの仕事をしても2日休みにはなりませんが(笑)

20140627_214628.jpg
仕事終わりの西のソラ
スポンサーサイト



line-s
06.23
雨よけ(小さな屋根だけハウス、我が家では一番遅い作型)の適粒もあと少し(明日に終わらせたい‼)今年はこのタイプの作型は天候に恵まれ非常に順調な生育です
20140622_203436.jpg


●天気と農業

農業をしていると、どうしてもお天気は気になるところでブログでもついつい取り上げるのですが、農業とお天気これは切っても切れないものです、当然栽培している作物にとって理想に天候はあるのですが、そうそうそんな天気になってくれる訳もなくその時その時お天気に振り回されつつ最善の対策を次々と打っていくのです、昨今の異常気象といわれる暴力的な天候では対策を打っても嘲笑うかのように大きな被害をだすこともあるのですが、そんなケースは多くなく、適切に対処していれば防げる、又は最小限度に抑え込める場合が多いのですが・・・・・
 先ほども書いた通り栽培にとって理想の天気なんてものは一生のなかで一度あるかないかといったくらい稀で、作物の出来が悪い理由を天気のせいとすると、際限なく理由あるのです
 私の目指す農業はズバリお天気のせいにはしない農業
お天気を理由に甘えることなく日々精進の毎日です。
結果は収穫時に、作物は正直なので・・・・


line-s
06.20
ハウスのぶどうもかなり着色が進んで袋をかけないとなぁと思いつつ雨が降ったらハウスの中で袋かけと思い、お天気の間は雨よけハウスの適粒優先で仕事を進めていたら、なかなか雨は降らず、降っても弱雨でまぁこのくらいならと外の仕事をしていたら、ハウスの巨峰の着色は・・・
20140622_152425.jpg

真っ黒‼
天気は良かったのですが、みんなで袋かけ
20140622_152403.jpg

今日一日1~4番手までのハウス全て終了
袋かけまくりの一日でした(ーー;)

line-s
06.14
このところぶどうの色づきには比較的条件の天気がつづいているのでここ10日でだいぶ色づきが進んできました。
巨峰
20140613_225122.jpg
赤系のぶどうも徐々に色づきはじめています
20140613_225240.jpg
3番手ハウスのぶどうの様子でした~
line-s
06.11
霧のたちこめた朝ではありましたが、ぶどうの畑で仕事をしていると素敵な声をきくことができました。


アカショウビンの鳴き声を畑で聞けるなんて、素晴らしい環境に感謝‼‼

今年は例年以上に数多くの鳥をみかけることができます
line-s
06.10
今日は余分な枝葉を落とす枝管理をせっせとおこないました、葉っぱが重なっていると日陰になる葉が出来てしまい上手く養分を作り出すことが出来なくなってしまうために収穫後を含め栽培期間中を通して大事な作業です。
 ただなかには前回とり忘れた長い枝もたまに出てきます(ーー;)
そんな枝を銜えて遊ぶのが好きなのが・・・・

20140611_071337.jpg
嬉しそうにくわえてひとしきり遊んで満足した後は、・・・・
ムシャムシャ、この程よい苦味がたまワンとでも言っているのでしょうか
line-s
06.05
今朝は雲間から太陽が見えていましたが、彼れらは何かを察したのか朝から喉を膨らませ上機嫌の大合唱
これはもしかして・・・
と思っていたら、雲はみるみる厚さをましてぽつぽつと本日梅雨入りとなりました。
20140525_214724.jpg
 昨年は、梅雨入りと思ったらすぐにとんでもない暑さがやってきましたが、今年は果たしてどうでしょうか?今のところは去年のようなことはなさそうですが、久々のエルニーニョの発生が予想されています、これまでエルニーニョの年は豪雨の傾向がみられるので荒れた梅雨にならないことを祈るばかりです。
 いずれにしてもその年の気象にあわせて出来ることを頑張るのみです
line-s
06.04
加温ハウスのぶどうが着色してきました。
ついこの前まで硬かった実も弾力を持ち始め、これからぐんぐん糖度も上昇してきます、いよいよ袋かけの準備です
20140604_183530.jpg


line
プロフィール

春友ぶどう園

Author:春友ぶどう園


ぶどうのこと。

春友ぶどう園から生まれた

新しい品種のこと。

元気な土のこと。

熱い情熱をもって

仕事をしていること。

周りの自然豊かな

里山のこと。

ぶどう園の何気ない

日々のことを紹介します。




ぶどう園紹介

頑固一徹こだわり抜いた栽培にて、二度の農林大臣賞を受賞し、巨峰や欧州系高級品種、さらに春友ぶどう園オリジナル新品種など数多くのぶどうを栽培しています。





春友ぶどう園ホームページは
こちら





茨城県常陸太田市春友町608-2

春友ぶどう園

℡・Fax0294-78-0809



春友ぶどう園への地図は
こちら





最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
back-to-top