fc2ブログ
line-s
02.28
今年も立派なゴボウが出来ました(≧▽≦)
20140228_182325.jpg

( ゚Д゚)??
実は・・・・・
ドングリの木の苗木です。
今年、山に植林予定の自家生産のクヌギの苗を400本ほど掘り上げ仮植しました。
 毎年思うのですが、クヌギの根っこはゴボウに似てますね~
美味しそうです(^^♪
一度、きんぴらにでもしてみましょうか(~_~;)(笑)

根っこが深いので掘り上げるのに一苦労です
まさにゴボウ根です
広葉樹の植林を今年で7年目になりました、植林1年目に植えた苗もだいぶ大きくなり、今年からは今までとは別の山にも植林する予定でいます。
 
スポンサーサイト



line-s
02.24
昨日は息子とエントリーしていた親子ロードレースに親子で参加してきました。
先週の雪の影響で一週間延期となっていたのですが、正直先週の雪との徹夜の格闘明けで走ったと考えると延期されてホットしていました。

 普段は全く走ることもなかったのですが、参加すると決まったからには父親としてあまりにもひどい姿は息子には見せられないと、ハウスのパイプの歩いて体幹を鍛えたり、YouTubeで楽に走れるマラソンフォームをひたすらみたり、2週間ほどとりあえず走りこんで本番へ
 やっぱり、大会になると昔のあつい気持ちが沸々と湧いてきて・・・激走(;・∀・)
最後までしっかりとついてきた息子の頑張りと成長もしっかり実感でき、なんともいい機会でした。

結果は・・・・・
20140225_200913.jpg

(*^^)v


 
line-s
02.19
早春を告げる福寿草の花が満開です。
ゆっくりですが、春の足音はかすか聞こえてきています。
20140218_194849.jpg

line-s
02.18
最近は雪の話題ばかりのブログになってしまっていましたが、いよいよ数日前より加温ハウスがスタートしました。
20140217_125603.jpg
ハウス内の温度を管理するため、開けたり閉めたりストーブを焚いたりと何かと気をもむ時期が始まった訳ですが、同時にいよいよ水揚げ、発芽、開花・・・・とダイナミックに成長するぶどうを想像するとワクワクします。(≧▽≦)
line-s
02.16
今回の豪雪被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

昨日は流石に満身創痍でブログを更新しないでいたら知り合いの方から心配の電話を沢山頂いてしまいました。
 心配して連絡をくれた方々ありがとうございました。<(_ _)>
施設の方も先週の雪のとき以上の自然との闘いではありましたがなんとか死守しました。

先週雪から今回の雪に備えて追加で万全と対策をしていましたが、今回の事態は想定外でした、まだまだ未熟と反省させられるできごとでした。
20140214_204655.jpg
木の柱でついて補強したり、一部はビニールをはがしたり
 20140214_204633.jpg
雪おろしに備え追加で人数分の雪かきスコップを買いに走り


おとといから降り出した雪は雨交じりで重く湿っていて日中は積もることはなくかったのですが、夜10時過ぎから加温し
ているハウスにもべっとりとまとわりつくように重たい雪が積もりはじめ、加温したハウスの熱で溶けてはいたのですが、4時前に雨に変わる頃には屋根に3センチほど積もってしまいました。
 この程度の積雪で雨にも変わったしとほっと一安心、フィギュアの金の余韻とともに布団へと思ったのですが・・・・
なんか、何故か、なんだかわからなのですが畑がどうしても気になり畑を一回りしてからと寝ようと思い、激しい雨の中向かったのですが、ハウスに入った瞬間なんかおかしい??違和感を感じ10mを超す暴風の中屋根の上へと上がったのですがそこに広がっていた光景はまさに想像を絶する光景で、雨のために一気に屋根の谷の樋に落ちた雪が堰となって長靴より上の高さまで水が・・・
 そこから水を完全含んだとんでもない重い莫大な量の雪を冷たく激しく吹きつける雨風のなかハウスの屋根から下ろす作業をひたすら暗闇の中ライトのあかりをたよりに体中からモクモクと蒸気あげながらひたすら作業にあたりました。
全ての屋根の排水作業が終わったころにはすっかり明るくなった8時ごろになってしまいました。
あのまま寝ていたら本当にやばかったです。

作業を終えて冷え切った体をあたためる為にお風呂に入ったのですが40度のシャワーが熱湯に思えました(苦笑)
風呂からあがってから、どれだけの重さがハウスにかかっていたかざっと計算してみたのですが、凄まじい数字がでてきて途中でやめました。

ちょうどそのころから、関東各地の知り合いの農家からハウス倒壊の連絡が・・・
なかには、あらかじめ雪対策をして、なおかつ必死に雪おろしをひたすらやったにも関わらず被害を受けてしまった農家さんも・・・・
 素晴らしい農家は作物同様に畑も施設も愛しています、こうした災害の時ベストを尽くした農家こそ真っ先に救済されるべきとおもいます、きっとそれが強い農業を育てる真の人材だと私はおもうのでが・・・
 
かける言葉のない私に彼が
 俺はあきらめない
重い・・・重い・・・そして力強い一言







今年の天候は本当に心配です・・・・
ただ、自然の中で生かされ恩恵をうけているのも農業
いかにそのなかでいかにベストをつくせるか
その気持ちを胸に日々がんばっていきたいです。


20140215_170253.jpg
この時期のこれだけの大水は記憶にありません
道路の左側は川ではなく田んぼ(@_@;)










line-s
02.09
昨晩から今朝にかけ徹夜で見回りとやばそうな場所の雪おろしをひたすらがんばりました。
22時頃から1時にかけの猛吹雪
みるみる増す積雪
しんしんと降る雪のなか重さに耐えかねた竹の割れる音と緊急車両のサイレンの音だけが聞こえる暗闇の中
流石にもう駄目かと頭をよぎりました
ただ、やるだけのことを目いっぱいやって潰れたなら仕方ないとゆうその思いだけで
ひたすら雪と格闘していました。
20140209_173737.jpg

雪がやんだのを確認、ハウスの無事を確認して朝7時に布団に入ったのですが、体は疲れているのに頭が冴えて眠れない、そんななかで学生時代真剣に励んでいた馬術でここ一番の大きな試合で優勝した興奮で、負けた悔しさで眠れなかったことを、十数年ぶりに思い出したら余計に寝れなくなり
結局、庭の除雪したり
20140209_174013.jpg
町内の道路は隣のYちゃんが、自前のユンボで除雪
町内の広範囲の道をやってくれました、周辺のみなさん孤立しないですみました(^O^)/
20140210_202354.jpg


20140209_173926.jpg

ハウスの雪の落ち具合を確認にまたフラフラと畑に行ったりと

雪の写真を撮ったり
こうしてみると雪はやっぱり綺麗だ
怖いけど・・・・
20140209_173850.jpg

20140209_173907.jpg

そんななか見つけたのが題して「梅と雪とカマキリのたまご」
20140209_173754.jpg
カマキリが高い所にたまごを生むと大雪といいますが・・・・
そう思って探してみると確かに多いような・・・・気もします・・・・

それと、疲れていてもまた、子供たちとしっかりソリであそんでしまいました。
20140209_174043.jpg

この反動が怖いです(笑)
今日ははやめに布団にはいります

line-s
02.08
このところ雪の話題ばかり書いているのでもういいかと思っていたのですが・・・
 流石にこの量は書かないでいられないので
元々我が家のあたりは東京や水戸が雪でも降らないなんてこともざらな地域でそれこそ2,3センチ積もっただけでいまだにウキウキするほど貴重なもので雪はいまだに嬉しいものだったのですが
ただ、今回ばかりはやな予感がしていました
 前々から週間天気図でなんとも嫌なコースと気圧配置警戒しておりました。
予想通りいや、想定より悪い感じで接近してきた低気圧で朝からずっと雪が舞っています、それでも午前中は雪玉をつくるのが困難な程のサラサラの軽い雪で一安心ではあったのですが、大事をとって加温のハウスは閉め切って中の温度を上げて雪を積もるより早く溶かす方法をとりました、燃料費の事はとりあえず頭の中から消去してひたすら温度を上げることに努め、閉めることの出来ないハウスは屋根にあがってひたすら除雪( `ー´)ノ

日中、二度ほどハウスの屋根に上がって除雪
20140209_173720.jpg

除雪の間で休みの子供たちともしっかりあそびました
20140209_173814.jpg
この頃はまだまだ、降りも弱くやみ間あり積雪3センチほど雪玉を転がせばすぐに地面が見えるてなんとも見栄えの悪い雪だるましか作れなかったのですが・・・
 
 予報では夕方から風が強まり、徐々に雪から雨にとのことだったのですが
午後からはなんとなくその予報に疑問が湧いてきて、3時過ぎには雲の様子や自宅の気象観測機のデータから雨にはならないと確信して、ひたすら追加の対策をしてきました。

 夕食を食べ、ネットで最新の気象情報を確認して、これから徹夜で見回りと状況を見て深夜の雪おろしになりそうです。
line-s
02.05
昨日の雪が夕方になってもしっかりとハウスの屋根に残っています、それもそのはず一日いい天気でしたが北風びゅーびゅー最高気温1℃(;゚Д゚)
20140206_174343.jpg

仕事をするのには厳しいいちにちでしたが
昨日のパウダースノーが今日の強い北風と日の光でハウスからキラキラ舞って綺麗でした
20140206_174308.jpg

line-s
02.04
朝からちらほら雪が舞っていたのですが、気温が低かったので午後からあっとゆうまにサラサラの雪が積もりました、フッと吹けば舞い散るほどのパウダースノーです。
20140206_174655.jpg

ただ、雪が降ってもハウスの中は仕事ができるのでしっかりお仕事
20140204_174246.jpg
この機械で地中熱のなかに圧縮した空気を送り込んで柔らかく通気性排水性の良い土にしてあげます。

仕事が終わる頃にはすっかり雪国です。

20140204_174203.jpg

line-s
02.01
冬場はあれこれと畑をより使いやすくするための整備をする大切な時期でもありますが、この仕事ばかりは冬場やるにはなかなかタイミングの問題があって難しいのですが・・・・
 かといってぶどうの作業にある程度余裕のあるこの時期以外はとてもこんな仕事をしている時間はないので、最低気温が0℃を下回らない暖かい日が3~4日つづく貴重なタイミングがここ数日続いていたので、畑までミキサーを引っ張りだして現場でコンクリートを練りながら、ハウスの入口を綺麗にコンクリートで仕上げていきました。
20140204_174406.jpg

20140204_174303.jpg

暖かいといってもこの時期なので、しっかり防寒もして
20140206_174332.jpg
使いやすい畑にすることも大事な仕事です。
line
プロフィール

春友ぶどう園

Author:春友ぶどう園


ぶどうのこと。

春友ぶどう園から生まれた

新しい品種のこと。

元気な土のこと。

熱い情熱をもって

仕事をしていること。

周りの自然豊かな

里山のこと。

ぶどう園の何気ない

日々のことを紹介します。




ぶどう園紹介

頑固一徹こだわり抜いた栽培にて、二度の農林大臣賞を受賞し、巨峰や欧州系高級品種、さらに春友ぶどう園オリジナル新品種など数多くのぶどうを栽培しています。





春友ぶどう園ホームページは
こちら





茨城県常陸太田市春友町608-2

春友ぶどう園

℡・Fax0294-78-0809



春友ぶどう園への地図は
こちら





最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
back-to-top