fc2ブログ
line-s
04.26
今朝からテレビやラジオで今日は変わりやすい天気で雷雨や突風、雹などが起こりやすいので注意して下さい。
 特に農家の皆さんは農作物の管理には注意してくださいと付け加えて言って下さっておりましたが、露地でもぶどうを作っていた数年前でしたらその言葉を聞くたびに露地のぶどうでどうやったら雹を防げるんじゃ~~~とラジオに向かってツッコミをいれつつただただ降らないことを祈っておりましたが。
 もともと雹自体が馬の背を分けるというほど局地的なものであるとともに、昔から雹の通り道があると言うように常習地帯も存在するのです、我が家のあたりはこの通り道から外れておりめったに雹も降ることもなく、降ってもかなり小規模のもので被害らしいものは過去に私が小学生の頃に一度あっただけだったのですが、ここ数年規模は小さいものの頻度が増えているように思います。
 そのため、数年前から完全な雹対策実施した結果、今では天気の急変、雹が降りやすいなんて言われても浮足立つことなく、ラジオにツッコミを入れることなくドンと腰を据えて作業に集中することができます。

 そんな訳で、NHKのお天気おねえさん伊藤さんの言ったとおりに午後に写真のようにたちまち空が急変、真っ黒な雲が湧き立ち、風が吹き出し・・・雹が降りました(規模も小さく時間も短かったですが)
20130426_205318.jpg
 
 いや~ほんと天気予報あたりますね~
雹の方は対策をとっているおかげで畑は無事でした(●^o^●)
ただ・・・・
 雹が降るのは寒気がはいっている証拠・・・・
夜に雲が晴れてしまったら、また霜の恐怖が~~~(>_<)
 なので、夜中の作業に備えて今から仮眠して力を蓄えておきます、おやすみなさ~い(-_-)zzz


 

スポンサーサイト



line-s
04.24
21日は全国的にも冷え込んで東北や関東の山沿いでは雪が積もったり、正午の東京の気温が6℃と記録的な寒い日となりました、朝から降っていた冷たい雨も夕方にはすっかり上がってしまい、こうなると怖いのが霜です・・・・
20130424_192506.jpg


 ただし、霜の場合はしっかりと対策をしておけばほぼ防ぐことができる気象災害の点がほかの自然災害と違う点です、ただ、夜中から明け方にかけて起こる現象なので本当にやばいときにはほぼ徹夜とハードな作業なのです・・・・(-_-;)月、火とこの本当にやばいときだったので連チャンでほぼ徹夜(@_@;)
 霜は一枚の畑の中でも必ず起こりやすい場所と起こりにくい場所が存在しており、気温の下がり方や風向きなどを配慮してファンで空気を撹拌したり、外気より暖かい水を畑にまいたり、暖をとったりしながら朝をむかえます
 今回月曜、火曜と二日に渡って遅霜がありました、今年の暖かな天気のおかげで雨よけの中のぶどうもかなり成長なかでのこの冷え込みは正直ビビりました、(今年みたいに桜のはやい年ほど遅霜にはなりやすいのですが)対策のおかげで無事に被害ありませんでしたが朝のこの風景にはビビりました(二回目ですが・・・)
20130424_175355.jpg
20130424_175334.jpg

20130424_175413.jpg
熱伝導率の高い鉄のドラム缶に溜まっていた水はうっすら氷が・・・(~_~;)
二日にわたってほぼ徹夜だったので、さすがにブログを更新する気力がなくようやく今日更新


 

 
line-s
04.14
子供たちと近くの名もなき滝を見にお昼にちょっことお散歩に行ってきました~
途中で地面に落っこちたドングリが芽を出しているのを見つけたり
20130414_191355.jpg
川で沢がにを見つけようと石をひっくり返したりとたっぷりと寄り道しなが到着~
20130414_191505.jpg
帰り道に滝の近くで発見!!
20130414_191423.jpg
もう開花しています
山吹の花
山吹が咲き終わると春が終わる、そんな季節を告げる花と言われていますが、桜同様こちらも記憶にないくらいのはやい開花です。
 ハウスのぶどうも同様に早めの開花で畑全体から漂ってくるぶどうの花の甘い香りに包まれながら毎日仕事をしていますが・・・・・
 誘引、花づめなど仕事に追われて一日の仕事終わりはこんな感じです、一カ月前から比べるとだいぶ日が伸びてたっぷり畑で仕事ができます。
20130413_191150.jpg

line-s
04.11
我が家の山にある町内でもおそらく一番最後に咲く山桜も例年より10日以上早く開花しました~
なんとなくそのくらいのペースで季節が先へと進んでいる感じです
もう~露地のぶどうも発芽するはでいつも以上ぶどうの成長具合にどっと仕事が押し寄せてきても~大変です。

 我が家のまわり春の花たちもどっと我先にと競うように咲きほっこっています。
20130408_221743.jpg

20130408_221835.jpg

20130407_184913.jpg

line-s
04.04
今年の春先はいつになく暖かく、冷え込む日も少ないのでハウスの加温の回数もいつになく少ないので少しだけ楽をしています、例年この時期はまだ0℃を下回る日も多く、夜中に布団から起きだし何度も畑を見回ったり、本当に冷え込む日はハウスに布団をひいて泊まり込んだりと何かと気をもむ時期なのですが、今のところまだ今年は畑にお泊まりはありません、ただ次の日の朝があまり冷え込まない予報になっていてもやはり心配なので夜中に畑のついつい行ってしまいます。
 夜にランタン片手にハウスの中をぐるりとまわっていると、なぜか昼間に気がつかないようなことに気がついたりするので不思議です、ライトに照らされた限られたなかをじっくり見ることで変化が浮かび上がってくるような気さえする真夜中の畑は昼間とは違った空間なのです・・・・
20130401_223632.jpg

line
プロフィール

春友ぶどう園

Author:春友ぶどう園


ぶどうのこと。

春友ぶどう園から生まれた

新しい品種のこと。

元気な土のこと。

熱い情熱をもって

仕事をしていること。

周りの自然豊かな

里山のこと。

ぶどう園の何気ない

日々のことを紹介します。




ぶどう園紹介

頑固一徹こだわり抜いた栽培にて、二度の農林大臣賞を受賞し、巨峰や欧州系高級品種、さらに春友ぶどう園オリジナル新品種など数多くのぶどうを栽培しています。





春友ぶどう園ホームページは
こちら





茨城県常陸太田市春友町608-2

春友ぶどう園

℡・Fax0294-78-0809



春友ぶどう園への地図は
こちら





最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
back-to-top