fc2ブログ
line-s
01.31
ハウス建設もいたって順調に建てあがってきています。
 昨日は農家仲間が半日手伝いに来てくれましたが、最後の方は脚立に上がるのが結構きつそうでした~筋肉痛になってなければいいですが~(笑)
 ハウスは最後の仕事の妻面と筋交いの作業に入ってきました、いよいよ完成まじかといった感じです
DSC_0211-1.jpg
 ただ、このハウスが完成しても2月、3月と押し寄せる仕事は減ることはありませんが・・・・・


スポンサーサイト



line-s
01.22
今日は、久しぶりに茨城県農業総合センター生物工学研究所へ行ってきました。
 生工研はバイテクと育種の専門機関で最近は、いちごのいばらキッスやひたち姫、メロンのイバラキング、梨の早水、恵水などの品種を作出しています。
 ただ、あまりのも専門性が強いのと、場所が普段農家がよく行く試験場と反対側にあるので、農家で中をじっくり見た人はかなり少ないと思います。
 施設や解析機械などすばらしいものが揃っているだけに非常にもったない!!
これだけの施設を県で持っているのにもったいない!!
農家と研究員の交流が進んで、もっと農家が気軽に立ち寄れる施設になればいいとはおもうのですが、そのためにも農家側にも基礎的なバイテクの勉強は必須ですが・・・・ただ、現在の農業の中ではバイテクは当然のように種や苗作りのなかで用いられているのに農家側が無関心すぎる点も今の農業の問題点かもしれません・・・
 
 じっくりと育種やバイテクの話や生工研と農家がどのように関わっていけばより有効に施設をいかせるかなど、じっくりと話ができ有意義な時間を過ごすことができました。

ただ、今回の訪問で一番びっくりしたのはいまだに残るこの雪の量だったして・・・・(笑)
DSC_0207-2.jpg
 
line-s
01.21
ハウス建設作業も骨格のアーチをすべて建て終わり、直間パイプで連結する作業に移ってきました。
高い場所での作業なので脚立での作業になるのですが、今日の取り付け部分は脚立では高すぎ、かといってビール箱では低すぎるのでwビール箱で作業しました~
 高さ、軽さはベストなのですが・・・・この高さを登ったり降りたりを一日やっていると腿のあたりがいい感じにはってきます(^^ゞ ハードな踏み台昇降運動 足にキターーーー
DSC_0207-1-1.jpg

ハウスの組み立ては1,2ミリ単位で高さを調整しながら建てて行くのでとても神経を使うので、こっちの方が実際は疲れます。。。
 こうしたことは、きっちりと建てあがったハウスが出来たときの充実感と達成感を味わうためには欠かせません。
 ハウスを見れば農家の性格や技術がなんとなくわかるんですよね~
line-s
01.15
今朝は、いい天気でもキンキンに冷え込んで昨日の雨で空気も澄み切りいつも以上に遠くの風景が綺麗に見える朝です。
 我が家から見える国見山も頭のてっぺんだけ白くなりました~あそこが雪と雨の境目だったですね~
DSC_0193-2-1.jpg
雪にならなくてよかたのですが、この時期としては大雨に畑はグジョグジョ長靴に泥が・・・・重い・・・
 なので、今日はわんこのためのドックランを作りました~
40m×10m少し小さめですが冬場はハウスを閉めていないので遊ばせる場所がないので作ってみました~そのうち写真載せますね~
line-s
01.14
今日は雪の予報がでていたので、昨日のうちからしっかりと積雪があった場合はすぐにハウスの上によじ登って雪おろしをと準備万端ととのえて、出動準備万端スタンバイして待っていたのですが・・・・
 朝から雨、午前中は宿題をする子供たちのとなりで窓の外を気にしつつ読みかけの本を読みながら久しぶりのゆっくりした時間を過ごしていました。
 午後は、なんと、普段なら仕事で絶対見れない高校サッカーの決勝を生で見れるチャンス(^o^)丿まさに恵の雨だ~
ウキウキと今日はじめて見たテレビの映像に思わず・・・・固まる
真っ白の国立と延期のテロップが・・・・目線は外へ向くが家の外は・・・・
DSC_0187-1.jpg
雨、二度見したけど雨
結局、15分くらいみぞれがちょっと降っただけでした、
 ほんとこの辺は雪が少ないですね~東京や水戸で雪でも降らないことの方が多いですから、ただ、こんな日に時間を持て余してちょっと北や南に車で出かけると思わぬ雪に遭遇するので家でおとなしくしています、
 おかげで休息十分明日からまた、バリバリがんばれそうです。

 


line-s
01.11
部材の運びこみも終わり、昨日から新築ハウスの建設をはじめました、今日の午前中まではかなりのハイペースで建てあがってきたのですが・・・・
 一転、午後からはパイプの差し込む深さの残り5センチ位のところに砂利の層にぶつかり、大幅なペースダウン(>_<)
仕方がないので、大きめのパイプをハンマーで差し込む深さまでたたき入れ、砂利を砕いてからパイプをさすの繰り返しで、手にはもうめったに出来ないマメが・・・
 そして、ハンマーでたたかれたパイプはこんな姿に・・・
L03B0211.jpg
 いい感じにくびれてます。。。
くびれが10段になる頃には上3段がポッロと落ちて7段にの繰り返しで、気づいたらだいぶ短くなってました。

夕方にはこのエリアも無事に通過しまたペースアップしました~
最近はだいぶ日がのびてだいぶ畑で過ごせます。


line-s
01.06
ここ2,3日は本当に冷え込みが厳しく、我が家の庭の木でもこのように樹氷が見えます。

L03B0210.jpg
 
L03B0209.jpg

・・・・・・・!?
すみませんウソです。
前の日の夜から霧状に散水しておくとこんな感じで綺麗な人口樹氷を作ってみました~
冬の間のほんの何日かキンキンに冷え込む日にだけできる、自然と氷の芸術を毎年楽しんでます。
 朝から気温の上がる間までの短い時間しか見れない、そこもまたいいところ
line-s
01.03
2013年本日午後より始動
L03B0208.jpg
今年もがんばります(^o^)丿
line-s
01.01
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします

 今朝は快晴のいい天気、風もなく凧上げにはいまいちのコンディションではありますが、2013年はあたたかく穏やかなスタートとなりました、初日の出を見に行かれた方はばっちりだったんじゃないでしょうか。
 私は、おひさまが十分出てからゆっくりとぶどう畑をゆっくり、じっくりぐるりとひと回りしてきました。とりあえずは三が日はゆっくりとしていようかと思いますが、今朝の広告で近くのホームセンターで明日、肥料が初売り特売なのでせっせと運ぼうか思案中です。

 現在のぶどう畑の様子ですが、雨よけハウスの建設し終わり、これで春友ぶどう園では露地の畑はなくなり、より農薬の散布を減らせ、さらに品質の優れたぶどうが栽培出来るとおもいます。剪定もあっとゆうまに終えて、畑の掃除も無事昨年中に終了しました。これからは、新築のハウスを建てる場所にあった古いハウスを解体した時の部材の中からまだまだ行けそうな、部材を抜き出し、錆を落とし、ペンキを塗り直し、曲がりを調整し、それらを使って大型の雨よけハウスを建設しています、これをまずは完成させます。
 L03B0206.jpg
  露地から雨よけへ

L03B0204.jpg
掃除前
L03B0207.jpg
大掃除後
L03B0205.jpg
只今、建設中の再生ハウス、完成までもう少し・・・
 古い部材を使うのでいろいろと手間がかかりますが、まだまだ使えるものは体と頭を使って、再生させていきます、このとき出てくるアイデアが農家にとっての宝なのです。 
 この思いを昨年建設中にたまたまきた農家仲間がブログで上手に書いてくれていたのでそちらの記事もどうぞ(このハウスについて書くときには大っ嫌いな安易な農業関係の補助金についての私なりの考えについて、書こうと思っていましたが刺激が強いので、めだたい新年なのでまた今度にします。)
 
これから1月、2月は・・・・・
再生ハウスが建設したら、新品ハウスを建設して、今までのハウスのビニールを張りかえをして、建設の合間に土作りやったり、山の整備をしたりとまさに仕事はてんこ盛りですが、お正月の間しっかり休んで、たっぷりお酒を飲んで、今年もまたがんばるぞ~



line
プロフィール

春友ぶどう園

Author:春友ぶどう園


ぶどうのこと。

春友ぶどう園から生まれた

新しい品種のこと。

元気な土のこと。

熱い情熱をもって

仕事をしていること。

周りの自然豊かな

里山のこと。

ぶどう園の何気ない

日々のことを紹介します。




ぶどう園紹介

頑固一徹こだわり抜いた栽培にて、二度の農林大臣賞を受賞し、巨峰や欧州系高級品種、さらに春友ぶどう園オリジナル新品種など数多くのぶどうを栽培しています。





春友ぶどう園ホームページは
こちら





茨城県常陸太田市春友町608-2

春友ぶどう園

℡・Fax0294-78-0809



春友ぶどう園への地図は
こちら





最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
back-to-top